片付けも不用品回収も雪で仕事ができません。

富山県では先週から大雪が続いています。高岡市でも3年前を超える大雪で交通網にも大きな影響が出ています。

 

みなさん同じかもしれませんが、

『仕事ができません!!(涙)』

 

片付けや不用品回収の予定をしていただいたお客様には、スケジュール調整をいただいたり、延期いただいたりと、大変ご迷惑をおかけしました。

 

そもそも道路が通れない。トラックが入れない。止めて置くスペースがない。まったく仕事ができません。

 

若干の改善は見え始めているものの、田んぼにトラックが落ちていたり、雪の量が多すぎて融雪が効かなかったり、圧雪のため道がガタガタだったり、雪をどかす場所がなかったり、相変わらずの渋滞が続いています。通勤するだけでも大変です。

 

そこで荒木商会では、『雪の回収』に動いています。

 

 

片付けや回収に行く仕事ができないから、地元の企業さんのお手伝いを行っています。4トンフックロール車や、4トンの深ダンプを活用して、雪を回収しています。

 

駐車場など広いスペースであっても雪かきや除雪を行うと雪の山ができあがります。なるべく一か所にまとめてスペースの確保をしたいところですが、どうしても雪の置き場でスペースを奪われてしまいます。雪の捨て場がないんです。

 

 

 

『ゴミを無くす』にチャレンジします!

 

荒木商会では今年も、片付け事業に力を入れます。お客様のお困りごとを解決する中で、片付けのニーズは確実に増加しています。おかげさまで12月は予約が満員御礼になりました。新たにお客様をご紹介をいただいたりと、引き続きたくさんのお問合せをいただいています。

 

『リユース商材を増やす』ことにも注力していきます。捨てていくモノから生かせるモノへと価値を見出していきます。

 

リユースについては、以前のコンテンツをご覧ください。

今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~①』

今さら人に聞けない【総合リサイクル】『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~②』

 

ちなみに3Rは以下の通りです。

 

『リデュース(Reduce) 』~ゴミを出さない・減らすこと~

『リユース(Reuse)』~そのまま使えるモノは、くりかえし使用すること~

『リサイクル(Recycle)』~そのまま使えないモノは、資源再生すること~

 

地球温暖化などの環境問題とリサイクルは非常に密接な関係性があります。

 

『ゴミを無くす』ためには、そもそもゴミを出さないこと、減らすことが大切です。そのまま使えるモノはくり返し使用することでゴミが減ります。そのまま使えないモノは、資源として再利用することが必要です。

 

当たり前の事ですが、この基本的なことが徹底されればゴミは減ります。その為には一人一人が日々の生活で気を付けることが必要ですが、そもそも仕組みが大切です。私たちは循環型社会の構築に一役を担っていきます。もう一歩踏み込んで、『ゴミを無くす』にチャレンジします!

 

荒木商会は、リサイクルにおけるお困りごと全般を解決する会社です。『できない』『分からない』を言わない企業づくりを目指し、ワンストップサービスを提供します。

 

『リサイクル価値創造企業』として、新たな価値を提供できる企業づくりを目指します。

 

 

雪でお困りの方も、ご相談ください。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

◎プラごみ問題と温暖化対策

 

日本経済新聞によると、

『富山県は14日、2019年度のマイバッグ持参率が前年度比横ばいの95%だったと発表した。1億2851万枚のレジ袋を減らし、7839トン分の二酸化炭素(CO2)を削減する効果があったという。』

との報道がされていました。

 

実は荒木商会のホームページでも昨年バズった記事があります。

 

『プラごみ問題』 ~富山県のエコバッグ持参率は全国一位です。~

 

 

このエコバッグ持参率95%は、よくテレビのクイズ問題や、ニュースに取り上げられていました。一時は1日で2,000人もの訪問者が訪れるほど、荒木商会のHPがバズっていました。汗)

 

プラごみ問題に限らず、世界中における環境問題は以前深刻です。

昨日のニュースでも、菅義偉首相が所信表明演説にて、『温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとする』目標を発表されました。

 

これは、待ったなしで日本に限らず、世界中が取り組まなければいけない問題です。

では、私たちには何ができるのでしょうか?

 

◎なぜ富山県のマイバッグ持参率が日本一なのか?

 

富山県がどうして、マイバッグ持参率日本一を長年継続しているのか?

 

多くの人にとって、エコバッグ(マイバッグ)の必要性をリアルに感じ始めたのは、レジ袋有料化が義務付けられてからではないでしょうか?

 

コンビニなどで、これまで当たり前に袋に入れてもらっていた商品が、袋入りますか?と聞かれてお金を払わなければ入れてもらえません。

 

しかし富山県では、平成19年、今から13年も前からレジ袋削減推進協議会が立ち上げられ、スーパーマーケットを中心に、レジ袋の無料配布を廃止する動きが計画されていました。

 

※具体的な理由はまた改めてブログで紹介していきます。

 

◎この仕事は本当に必要性を感じています。

 

荒木商会では、現在サービスの拡充を行っています。

 

企業廃棄物の有効利用を中心に環境ビジネス企業としての活動を始め、今までの事業基盤であったスクラップ事業に加え、活かせる資源を最大限に活用していく為に、グローバルネットワークを通じて、パソコンと家電製品を中心にリユース・リサイクルの促進を図ってきました。

 

5R(Reduse=ゴミを減らす、Reuse=再利用、Recycle=再資源化、Rfuse=不要なものを使用しない、Repair=修理する)の視点から循環型社会の構築に一躍を担ってきました。

 

『ゴミを減らして、リサイクル・リユースできるものを増やしていくこと』であり、ゴミを減らすことが地球環境にとってすごく大事なことなのです。

 

現在進めている片付け事業もその延長線上から繋がるサービスです。

 

荒木商会はワンストップサービスとして、片付けから回収、不用品の処分、有価物の買取りを一連の中で行います。総合リサイクル企業としての母体があるからこそ、他社にはできないトータルサービスを実現しています。

 

これが結果的にも様々な費用を削減することにも繋がります。

 

私たちは、『安心と感謝』を大事にしたいと思っています。

『あんたんとこに頼んでよかったわー。』と言っていただけることが最大の喜びです。『ありがとうね』は感謝です。

 

私たちが暮らす地域の事を常に考えていかなければいけません。不用品を何でもかんでも焼却したり、埋め立てしたりをなくしていく必要があります。

 

『資源は有限です。』

 

それを私たちが世の中に発信して、伝えていくこと。繋げていくこと。ゴミを無くしていくことが必要です。手間がかかってでもやらなければいけないことをやっていく必要があると考えます。

 

私たち一人一人行動で、世界中の地球温暖化をストップさせることができるのです。

 

子供たちが安心して暮らせる未来を築いていく役割があると感じています。

不用品片付け『高岡市H様邸』生活感そのまんまのお宅をスッカラカンに!

今回は、高岡市のH様邸の片付けをご紹介します。

生活感に溢れていて、全部片づけちゃっていいんですか?というお宅を、1日がかりでパッカー車、ホロトラックを稼働して、スッカラカンにさせていただきました。

 

荒木商会の仕事は『なるべく一度にやってしまおう。というスタイルです!』

 

何故なら、おかげさまで多くの片付けや不用品回収のご依頼をいただいている為、スケジュール的な問題と、その方がお客様にも安くできるからです!

 

一般的に片付けにかかる費用の内訳として、大きなものは作業費や人件費です。作業をするスタッフの人数と、費やす日数(時間)によって変わります。当然2日分けて行うよりは1日で完了した方が安くできます。同様に稼働するトラックなどの費用も1度で済めば削減できます。

 

諸々の作業を、効率よく、スピーディーにやってしまおう!という事になります。結果的に、スケジュールも効率よく回転できて、お客様にとっても費用が安くなります。

 

 

ビフォー&アフターを公開!

【断捨離】の本来の意味とは?

片付けをするときによく使う言葉で、【断捨離】という言葉があります。本来の意味をご存じですか?

断捨離は、『もったいない』という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である『断行(だんぎょう)』・『捨行(しゃぎょう)』・『離行(りぎょう)』を応用し、

 

【断】:入ってくるいらない物を断つ。

【捨】:家にずっとあるいらない物を捨てる。

【離】:物への執着から離れる。

 

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは異なるものとされている。

という事です。※Wikipedia『断捨離』より引用

 

 

日本人の良い習慣の一つに『モノを大事にする』があります。一見すると相反する言葉のようにも感じます。【断捨離】を行う人のことを『ミニマリスト』と呼びます。無駄なものを断ち、必要最低限のモノしか持たないという事は、本当に必要なモノを大事にする。とも言えますね。

 

総合リサイクル企業として『3R(リデュース、リユース、リサイクル)を大事にする荒木商会としても通じるものがあります。

 

自分の部屋の片づけでも、多くの人がなかなかモノを捨てられないようです。まだ使うかもしれない。愛着がある。捨てられずに何となく持っているものが沢山あります。自分の持ち物は何となく捨てられないものです。

 

もしかしたら、【断捨離】をする為に、荒木商会のような片付け業者に依頼するというのも有るかもしれませんね。もちろん全て捨ててしまうのではなく、分別の上、有価物は査定して引き取ることができます。

 

 

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~②』

◎リサイクルで得られること

先の『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~①』でも説明しましたが、リサイクルは、

『ゴミを減らして、地球の自然や環境、私たちの生活を守るための、【3R(リデュース・リユース・リサイクル)】の一つです。』

 

リサイクルすることで、ゴミを減らすことができ、資源として再利用することができます。ゴミを減らすことで、最終処分場にて埋め立てられるゴミの量が減ります。

 

繰り返しになりますが、【3R】は非常に密接に関わり合っています。

 

事業ゴミについても同様のことが言えます。なんでも一緒にして廃棄物として処分するのではなく、廃棄物を減らすことを考える。繰り返して使えるモノをなるべく活用する。再利用できるものは再利用する為になるべく分別をする。

 

このような取り組みを行える企業はエコ企業です。一人一人、一社一社の小さな取り組みが、大きな効果に変わります。そしてその取り組みは、企業の廃棄物処理に限らず、確実に様々なコストを削減する効果をもたらします。

 

◎リサイクル製品の紹介

世の中には、『リサイクル製品』がたくさんあります。リサイクル製品とは、『使用した後にもう一度制限として再利用することで、新たに作られた製品』のことを言います。

 

例えば、古紙を利用してつくられた製品では、トイレットペーパーや、ティッシュペーパーなどは、古紙を100%原料として作られたものがほとんどです。コピー用紙や新聞紙も古紙を原料として作られています。

 

古紙を混ぜた製品には、再生紙使用のマークが使用されています。『R100』『R90』『R50』という風に、古紙の配合率を表しています。

 

・牛乳パックには『牛乳パック再利用マーク』

・ペットボトルには『PETボトルリサイクル推奨マーク』

・再生ボトルには『エコロジーボトルマーク』

・環境に優しい製品には『エコマーク』

・パソコンには『PCリサイクルマーク』

覚えきれないほどのリサイクル関連のマークが存在しています。

 

◎リサイクル関連法

日本では、法律により環境を守るための仕組みが定められています。

 

1993年に『環境基本法』が制定され、『環境基本法』をベースにして環境に関する様々な法律が作られました。

 

【環境基本法】

環境保全についての基本理念を定めて、国や地方公共団体、事業者、国民の責務を明らかにするための法律。

環境保全に関する施策の基本となる事項を定めることで、現在及び将来の国民の、健康で文化的な生活を確保し、人類の福祉に貢献することを目的としている。

 

『環境基本法』の前身として、『公害対策基本法(1967年制定)』『自然環境保全法(1972年制定)』があります。

 

具体的な行動祖定めたのが、『第一次環境基本計画(1994年)』が作られ、6年ごとにこの計画の見直しが行われています。

 

現在では、『第五次環境基本計画(2018年4月)』を元に、環境保全のための目標、行動が取り組まれています。

 

2000年には、高度経済成長により拡大した『大量生産・大量消費・大量廃棄』の経済社会を、循環型社会に変えていく為の『循環型社会形成推進基本法』が制定され、リサイクルの取り組みに優先順位が設けられました。

 

 

◎リサイクルの優先順位とは?

①『ゴミをできるだけ減らすこと』【リデュース】を最優先に、

②『繰り返して使えるモノは、繰り返して使うこと』【リユース】

③『繰り返して使えないモノは、資源として再利用すること』【リサイクル】

 

この【3R】を基本的な考え方として、リサイクル関連法はさらに整備されていきます。

 

様々なリサイクル関連法はまた別の機会にご説明します。

 

荒木商会では、このような基本的な考え方はもとより、法令を遵守し、地球環境の保全、適切な廃棄物の処理、コスト削減など、幅広く取り組んでいます。分からないことは何でもご相談ください。

『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~①

 

これまで、

『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~

『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~

を、お届けして参りました。

 

今回は、『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~について、説明していきます。

 

 

【リサイクル】という言葉の定義は諸説あります。※Wikipediaより引用。

 

・「日常生活で不要な製品や、産業活動に伴い副次的に得られた物品を、資源として再利用、あるいは回収・再生して有効利用すること」

・「1度使った資源(廃棄物)を回収して再利用すること」

・「不要物(ゴミ、廃棄物)を再利用可能な素材へと変える行動や過程」

・資源の節約や環境汚染防止などのために、不用品や廃棄物などを再利用すること」

 

簡単に言い換えると、『資源として再利用する』ことと言えそうです。

私たちの身近な再利用について見ていきましょう。

 

 

◎ゴミがもたらす世の中への影響

よく耳にする『地球温暖化』とはどういう事でしょうか?

 

ゴミを燃やすことによって、二酸化炭素が排出されます。この二酸化炭素が地球の温暖化にとって大きな影響を与えます。二酸化炭素は地上から出た熱を温室のように閉じ込める要素があり、地球温暖化を招く原因とされています。

 

この『地球温暖化』により、自然や環境が大きな影響を受けます。

 

・これまでにない猛暑や水害をもたらす地球の異常気象を起こします。

・温暖化する事で南極や北極の氷が解けだし、海水面が上昇します。

・海水面が上昇すると、地形にも影響を与えます。

 

このように、ゴミの燃焼によって地球温暖化が進み、自然や環境に大きな影響を与えます。

 

一方、燃やさないゴミはどうでしょう?

 

燃やすゴミとは異なり、燃やさないゴミは処分場に埋め立てるしか手段がありません。その処分場がいっぱいになると、また新たな処分場を作る必要が生まれます。この処分場を新たに作ることにより、同様に自然や環境は影響を受けます。

 

・山間部や海などの自然が減少します。

・それに伴い、生息している動物や植物に影響を与えます。

・生物多様性が損なわれることで、生態系に変化が生じます。

 

これらのことからも、

『ごみを減らす(リデュース)』

『捨てずに再利用する(リユース)』

が必要なのです。

 

そして今回解説する

『資源としての再利用(リサイクル)』

が同じように重要となってくるのです。

 

 

◎ゴミが資源に変わる瞬間

ゴミを燃焼するときには、大量の熱が出ます。この熱をエネルギーとして発電力に利用することができます。よくゴミ焼却場のそばにある温水プールや健康施設があるのは、その典型的な例です。

 

また、生ごみや家畜の糞尿、紙ごみなどは、発酵させることによりメタンガスを発生します。このガスはバイオガスと呼ばれ同じく発電力として利用することができます。

 

このように、ゴミを資源として再利用を行うことが、リサイクルという事になります。

 

 

◎分別マークの違い

出典:経済産業省ウェブサイト

 

最近、テレビのクイズ番組などで出題されているのをよく見かけます。問題にされると途端に怪しくなります。リサイクルのマークって非常に似ていますが、微妙に異なります。参考までに、経済産業省のサイトより転載しますので、是非これを機に確認してみてください。

 

普段はあまり気にしていませんでしたが、家庭での日用品や、食料品など、ペットボトルや缶、包装している袋などには色々なマークがついています。このマークはリサイクルの方法が書かれており、正しく分別することができます。

 

これらの資源ゴミは、リサイクルして利用されることで、貴重な資源となります。正しくゴミを分別して出すことで、誰でもできるエコ活動になります。

 

次回『リサイクル(Recycle)~資源としての再利用~②』へ続く

 

もうすぐゴールデンウィークですね!!』

 

待ちに待った?かどうかわかりませんが、世の中では10連休です。海外や国内の旅行に出かける方もいると思います。一方、連休といっても、子供の都合や家族のスケジュールもなかなか合わず、どこもいけないよ。どこに行っても人でいっぱいだし。また、サービス業の方などは、休みなくゴールデンウィークは稼ぎ時っていう方もいるでしょう。

 

もしかしたら、まとまった休みですし、普段なかなかできないので、これを機に『お家の片付け』でもするか!という方もいるのではないでしょうか?

 

富山県も例外なく、古民家や人が住んでいない空き家の問題がよく報道されています。解体するって言ったって、思い入れのあるお家ですしなかなかスグにどうこうはできません。そうは言っても、全然使っていない不用品や、家具、家電、パソコン、電化製品、廃棄物、粗大ごみなど、一度整理したいんだけどそのままになって困っているという方も多いのではないでしょうか。

 

おうちの片付けを行うけど、『大量に出てくるゴミ、どうすりゃいいのよ!』っていう方は、是非荒木商会へお電話下さい。

 

要らなくなったゴミ、大量でも少量でも回収に伺います!

 

 

【ちょっと待って!】それ捨てちゃうんですか?

 

実は、不用品の中には価値のあるもの、もしくは価値のある製品に生まれ変わるものもあります。そういう価値のあるものは【荒木商会】が買い取りさせていただきます。最近テレビでよくやっている不用品の中から価値あるものはリサイクルするっていうあれです。

 

『ゴミだと思っていたものに値段が作って嬉しいですよね!』

 

もしかしたら価値があるのに捨てちゃっているケースもありますので、是非一度プロにお聞きください。

 

  • 片づけをする時間が無い。
  • どうしたらいいかわからない。
  • 片付けとか面倒臭い。
  • 持ち込みでも処分してくれるの?
  • 解体をお願いしたいんだけど。

 

⇒全部、『荒木商会』が代わりにやります。あなたのお困りごとを解決します!

 

引っ越し・大掃除・ごみの処理・家の解体まで、おうちの片付けはお気軽にご相談ください。

『見積・査定無料です!』

まずはお電話ください。

 

※ゴールデンウィーク中に片付けた不用品、ゴールデンウィーク明けに回収に伺います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-10-10-1

プラスチック資材は便利な反面、廃棄に困ることが多いようです!

 

2018-10-10-2

使わなくなったプラコンを放置しておくと、無駄なスペースを作ること

になると同時に、景観を損ねる要因となります。。。

2018-10-03-1

被覆電線は、異物付着具合・物量に応じて買取価格相談に

応じてますので、お気軽にご連絡下さい!

 

2018-10-03-2

剥線機を使って分別作業を行ってます!

2018-02-08

アルミ缶は1㎏から買取になります!

 

2016-08-08-2

量がある場合は、フレコン容器等貸し出しすることも可能

 

2016-07-11-2

ペットボトルは100kgから買取になります!

 

2016-07-11-4

空き缶・ペットボトルの処分に関する詳細は

お気軽にお問い合わせ下さい!

2017-05-19

 

 

2017-05-19-1

使用済みのパソコンは意外と放置されがちです。

 

2017-05-19-2

この機会に是非!当社にお出し下さい。

 

2017-05-19-3

周辺機器もまとめてお引取り致します…