『リフューズ(Refuse)~【拒否】する勇気!~

 

◎もう一つのRとは?『リフューズ(Refuse)』

これまでは、以下3Rについて説明してきました。

 

『ゴミをできるだけ減らすこと』【リデュース】

『繰り返して使えるモノは、繰り返して使うこと』【リユース】

『繰り返して使えないモノは、資源として再利用すること』【リサイクル】

 

日本では2000年(平成12年)に、循環型社会形成推進基本法において3Rの考え方が導入され、3R【①リデュース ②リユース ③リサイクル】 ④熱回収(サーマルリサイクル) ⑤適正処分の優先順位で、廃棄物処理およびリサイクルが行われるべきであると定まっています。

 

また、3Rに加えてよく紹介される+2R、併せて『5R』とも呼ばれている、

【Refuse】と【Repair】があります。

今回は、【Refuse リフューズ】について説明して参ります。

 

 

◎『Re』が付く言葉の真意

 

『Reduce』も『Reuse』も『Recycle』も、すべて頭に『Re』が付きます。

 

では、この『Re』とはどういう意味なのでしょうか?

 

直訳すると、「相互、反、後、退、秘、去、下、再、否、不」または、「再び、さらに、新たに、…し直す、原状に復す」などの意味があるようです。

 

【再、再び~、・・・仕直す】これらの言葉からも、循環をイメージする言葉に関連がありそうです。

 

 

◎こんなにある『Re』が付く言葉

 

『Re』が付く言葉は、まだまだありますので紹介していきます。

※Wikipediaより引用

 

『Refuse』(リフューズ:拒否)

ごみになるものを拒否する。製造・流通地点で発生源を断つ。

 

『Repair』(リペア:直す)

壊れても直せるものは修理して使う

 

『Remix』(リミックス:再編集)

新たな創造のために既にある資源を再編集する

 

『Refine』(リファイン:分別)

廃棄するときには分別する

 

『Rethink』(リシンク:再考する)

自分に本当に必要なものかどうか考える

 

『Rental』(レンタル:借りる)

個人として所有せずに借りて済ます

 

『Return』(リターン:戻す)

携帯電話など使用後は購入先に戻す

 

『Returnable』(リターナブル:戻す)

Returnにほぼ同じ。用例:リターナブル瓶(飲料水)

 

『Reform』(リフォーム:改良する)

着なくなった服などを作り直す

 

『Reconvert to Energy』(リコンバート・トゥ・エナジー:再返還する)

利用できないゴミは、燃やす時の熱を利用する

 

『Rebuy』(リバイ:買う)

リサイクルされたものやリユース品を積極的に購入または利用する

 

『Regeneration』(リジェネレイション:再生品)

再生品の使用を心がける

 

『Reasonable management』(リーズナブル・マネジメント:適正処分)

正しく、環境にそった処分をする。

 

『Recreate』(リクリエート:楽しむ)または『Refresh with Green-Break』(環境保全型余暇を満喫する)

環境保全型余暇や自然保全型余暇を満喫することは、潜在的な自然体験欲求の充足のみならず自然環境の保全にも役立つ

 

『React』(リアクト:響き合う)

自然を分かち合う機会や場面を増やす事によって環境共育に働きかけることができる

 

『Restore』(レストア:復元する)または『Reforest』(レフォレスト:再植林する)

自然環境の復元や生態系サービスの持続的利用は人類が生きながらえる為の重要な要素である

 

聞いたことが無い言葉もありましたが、いずれにしても少なからず『環境や循環』に関連した言葉ばかりです。一つ一つ意識して考えるきっかけになります。

 

 

◎『リフューズ(Refuse)~【拒否】する勇気!~』

では、『リフューズ』とはどういう事でしょうか?

Wikipediaによると、【ごみになるものを拒否する。製造・流通地点で発生源を断つ。】と書かれています。これだけではわかりづらいので、もう少し考えてみます。

 

・ゴミの原因となる過剰包装などを拒絶、拒否すること。発生を回避すること。

・不必要なものを買わない。同時にもらわない、断ること。

調べてみるとこのようにも出てきます。

 

具体的な例として挙げてみると、

皆さん買い物をするときにエコバッグは持参しますか?

コンビニやスーパーなどで買い物をする時のビニール袋などが有料化されています。これは何も費用がかかるので有料化している訳ではありませんよね。ビニール袋の仕様を減らしてエコバッグ等の繰り返し使える入れ物を活用しましょうというエコ活動です。

 

また、同じくコンビニ等でお弁当などを買うと付いてくる割り箸や調味料なども、もらってしまって無駄になってしまう事もあります。常にマイ箸を持参して、お店の箸を使わない、もらわない人もいます。

 

このように、ゴミになるものを拒否する。発生することを防ぐ。

このような考え方を『Refuse(リフューズ)』という事ができます。

 

使い捨てのものは、ついつい便利ですし、もらってしまいます。

勇気をもって『ゴミになるので断る。』ことも、循環型社会の形成に大切な考え方なのですね。

『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~①』

 

◎『リユース (Reuse)』とは?

 

前回は2週にわたって『ゴミのリデュース』について説明しました。

第1話 『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~』

 

今回は、同じく2週にわたって、『リユース(Reuse)』について考えてみたいと思います。

 

『リユース(Reuse)』とは、再使用(さいしよう)のことです。

 

Wikipediaによると、一度使用された製品を、そのまま、もしくは製品のあるモジュール(部品)をそのまま再利用することをいう『環境用語』です。

 

従来から、家族内や知人内での製品のお下がりや、地域内での不要品のバザー、あるいは廃品回収など、小規模のレベルでは行われてきたが、本格的な循環型社会の形成のためには社会構造的にリユースの流れを構築することが望まれているという事です。

 

 

◎そもそも製品の原材料って何でしょう?

 

例えば、次のものは何からできていますか?

・レジ袋

・スチール缶

・アルミ缶

・ペットボトル

・トイレットペーパー

・ノート

 

普段日常から使っているものですが、いざ考えてみると知らないことも多いです。

また深刻な環境問題から、今後は有料化の義務付けや、輸出制限がかかるようになってきます。

 

ちなみに正解は以下の通りです。

・レジ袋⇒石油

・スチール缶⇒鉄鉱石

・アルミ缶⇒ボーキサイド

・ペットボトル⇒石油

・トイレットペーパー⇒樹木(木材)

・ノート⇒樹木(木材)

※古紙パルプのものもあり

 

いかがですか?全部わかりましたか?

 

 

◎非再生資源と再生可能資源の特徴

日本には資源が少なく、多くの資源を輸入に頼っている現実があります。

また資源には『非再生資源』と、『再生可能資源』があります。

 

『非再生資源』とは、

枯渇性資源とも言い、再生できないので使い続けると枯渇してなくなってしまう資源です。

・化石燃料(石油・石炭)

・金属資源(鉄鉱石・銅鉱石)

などをいいます。

 

ただし、金属資源においては、元の金属材料に戻すことができるリサイクル可能な資源です。

 

『再生可能資源』とは、

一部を使用しても、一定の時間がたてば自然の力で再生可能な資源です。

・森林(木材)

・バイオマス(小麦・米などの穀物、魚などの水産資源)

などをいいます。

 

石油はこのまま現在と同じように生産を続けると、50年ほどでなくなってしまうと言われています。

可採年数(資源を採取できる年数)が比較的長い石炭にしても、153年です。

 

使用量を減らしたり、他の資源でまかなったり、対策を講じていく必要があります。

 

 

◎『循環型社会』が目指すモノ

 

資源やごみの問題を解決する為に私たちが目指している『循環型社会』をもう一度見てみます。

 

前節でふれた石油や金属など、非再生資源は利用できる量に限りがあります。その為、今後ますます大切に使用していく必要があります。

 

その為にできることが、『リデュース』『リユース』『リサイクル』の【3R】です。

 

『リデュース(Reduce) 』~ゴミを出さない・減らすこと~

『リユース(Reuse)』~そのまま使えるモノは、くりかえし使用すること~

『リサイクル(Recycle)』~そのまま使えないモノは、資源再生すること~

 

これら【3R】の取り組みにより、循環型社会が実現すれば、今ある資源の可採年数はもっと伸ばすことができます。

 

新しい資源をどんどん使うのではなく、今あるモノ(資源)の中から、繰り返して使う仕組みを構築する必要があります。

 

次回『リユース(Reuse)~くりかえし使うことで得られるモノ~②』へ続く

『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~①』

◎ゴミはどこへ運ばれ、どこで処理されるのか?

 

【燃やすゴミ】

清掃業者が回収して、『清掃工場』にてゴミを焼却します。この時に出る焼却灰は『最終処分場』にて埋め立てられます。

 

【燃やさないゴミ】

回収された不燃ごみは、『不燃ゴミ処理施設』にて細かく粉砕されます。この時にゴミに混ざっている鉄やアルミニウムなどは『資源』として回収されます。細かく砕かれたごみは、『最終処分場』にて埋め立てられ、再生資源は『再生業者』にて『リサイクル』されます。

 

【粗大ゴミ】

粗大ゴミは、『粗大ゴミ処理施設』にて、燃やすゴミと燃やさないゴミに分けられます。燃やすゴミは細かく砕いて、清掃工場にて燃やします。燃やさないゴミは、上記と同様に『資源』『ゴミ』に分別されます。

 

【資源ゴミ】

資源ゴミは、『中間処理施設』にて『リサイクル』できるモノを選別します。ペットボトルや紙類はプレス機で押し固めて一定のサイズに圧縮され、『リサイクル工場』へと運ばれ、『リサイクル』されます。

 

 

◎具体的に取り組む『リデュース』とは?

 

リデュースを行うメリットは次の通りです。

 

①ゴミを減らすことで、処分場で焼却する燃料の資源や燃料費も削減できる。

②燃焼するゴミが減ることで、排出される二酸化炭素などの有害物質を削減できる。

③最終処分場での埋め立て量が減るので、長く最終処分場を利用することができる。

④ゴミが減り、リユース、リサイクルの量も減ることで、限りある資源を守ることができる。

 

 

では、具体的にどのような取り組みを行えば良いのか考えてみます。

 

一般的に家庭での取り組み例は次のようなことです。

・水気が多くて重たい生ごみの量を減らす。

・不要な物は購入しない。必要なものを必要な分だけ購入する。

・ムダな包装は避ける。

・使い捨てをせずに何度も使えるものを選んで利用する。

・エコバッグを活用してレジ袋を利用しない。※有料化が進んでいます。

・残さず食べることで食品ロスをなくす。

 

 

◎私たち一人一人ができることは?

 

環境を考えて買い物や生活をする消費者のことを、『グリーンコンシューマー』と呼んでいます。この『グリーンコンシューマー』が増えると、確実に環境負荷が軽減されます。

 

また、

『長く使えるものを選び大切に使用する』

『いらないものは買わない、もらわない(Refuse)』

『壊れても修理して長く使用する(Repair)』

といった活動もあります。

 

今後、改めて解説していきます。

 

 

今回は、一般家庭における『ゴミのリデュース』をメインに考えてみましたが、これは企業や工場、産業界でも同じことが言えます。

 

一般廃棄物は『リデュース』できるのに、産業廃棄物が『リデュース』できないという事はありません。正しい処理・処分をしていけば、『3R』を進めていけば、確実に企業のコスト削減に繋がります。

 

世界中が少しづつでも、自分から気を配り、取り組んでいく事で地球の環境負荷、廃棄物の発生は抑制されていきます。

 

『私は今日から、トイレで小の時は、小のレバーを使おうと思います。』

 

『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~①』

 

◎『リデュース (Reduce)』とは?

 

「環境用語としての『リデュース (Reduce)』 とは、環境負荷や廃棄物の発生を抑制するために無駄・非効率的・必要以上な消費・生産を抑制あるいは行わないことを指す。

 

概念の一例としては、水洗トイレのレバーにある「大・小」の区分がある。この区分がなければ毎度大レベルで資源消費することになるが、区分があれば小の場合は水資源を少量しか消費しなくて済むこととなる。

 

また、物の寿命を極力延ばすことや、製品全部ではなく部分的に交換するだけで継続使用できるように作ることもリデュースの一つであるとすることができる。」※以上Wikipediaより引用

 

分かりやすく言うと、『ゴミを出さない・減らす』ことです。

 

・ゴミをできるだけ出さない。

・ゴミをできるだけ減らす。

 

世界中の人がこの2点に気を配って生活をすれば、資源も環境も守られます。

 

しかし、そう簡単にはいきません。現在の世の中は、【大量生産⇒大量消費⇒大量リサイクル】となり、モノがあふれている時代となっています。

 

・多くの企業が売上を出すために様々な商品を開発し、作り、競争して売ります。

・多くの消費者が、沢山の商品の中から、選び、購入して、消費します。

・そして、要らなくなったモノは不用品として処分されます。

 

『ゴミを出さない・減らす』と言っても、生活している上でゴミは必ず出てきます。

 

 

◎3Rとは、『リデュース・リユース・リサイクル』

リデュースは、リサイクル・リユースと一つのくくりにされ、『3R』といわれます。

 

それは、この現代の『大量生産⇒大量消費⇒大量リサイクル』の世の中では、環境負荷の抑制には結びつかないからです

 

『リデュース』『リサイクル』『リユース』この3つのRは、密接につながっています。

 

どれか一つだけでは、この現代において機能しないからです。

 

じゃあ『大量生産をやめればいい』と安易に考えてしまうと、生産者側から考えた場合、リデュースを促進することは消費の減少に繋がり、経済や産業の衰退の原因になるという考え方もあります。

 

一方では、リデュース技術の発展によるコスト削減などのメリットを産業側も享受できるので、衰退の原因にはならないという考え方もあります。

 

リデュースだけでは成り立たず、リサイクル、リユースと連携して考えていかなければいけません。

 

 

◎ゴミの流れを今一度理解してみましょう。

私たちが生活している世の中では、どのようにゴミが出るのでしょう?

 

①まず、何かを生産するには『資源』が必要です。『資源』には石炭や石油のような『非再生資源』と、木材や食料のような『再生資源』があります。

 

②この『資源』によって工場やお店などで製品・商品が『生産』されます。

 

『生産』された製品・商品は、販売業者やお店で『販売』されます。

 

④この製品・商品を『購入・消費』するのが、私たち消費者であり、ここから製品・商品が『ゴミ』へと変わります。いわゆる『ゴミの出発点』です。

 

⑤不要になったモノが『不用品・ゴミ』として捨てられます。

 

『不用品・ゴミ』は分別されて、清掃工場や、不燃ゴミ処理施設、粗大ゴミ処理施設、中間処理施設、リサイクル工場などで処分されます。

 

この時にゴミを燃やすことにより、二酸化炭素などが排出され、『温暖化』などの地球環境にマイナスの影響を与えることがあります。

 

この地球環境にマイナスにはたらくことが、『環境負荷』ということであり、この『環境負荷』を軽減させるために、無駄・非効率的・必要以上の消費や生産を抑制したり行わなかったりすることが、『リデュース』ということになります。

 

 

次回『リデュース(Reduce) ~ゴミを出さない・減らすこと~②』へ続く