粗大ごみ等不用品の処分について-『お客様からの声』-

富山市から『お客様からの声』ご紹介します。

先日お客様から次のようなご相談をいただきました。

 

実際には、処分された後の事でしたので、当社ではお引き受けしていないのですが、同じお困り事がありましたら、ぜひ事前にご相談いただきたくご紹介させていただきます。

 

 

以下、お客様からのご相談内容

 

 

先日、自宅の一室を有効活用しようと、兄と片付けをしていた時の事です。

 

7畳ほどの和室でしたのでそれほどの物量はなかったのですが、大きな桐ダンス、ダブルベッド、テレビ、テレビ台、カーペット、仕事デスク、チェアー、衣類ケースなどを部屋に詰め込んでおり、それぞれ処分が必要でした。

 

地区のコミュニテーセンターへ資源ごみの処分をしに行った際に、そういった大きなごみの処分はどうしたらいいのかと相談したところ、それぞれ1メートル以下のサイズに分解できる木製のものは、バラバラにして可燃ごみの日に出して構わない。

 

ガラスがついていたり、金具がついていたりする場合は、それぞれ外して分別して不燃ごみの日に出してくださいとのことでした。ベッドのスプリング付きマットレスは不燃ごみとして不燃ごみの日に出してください。

 

広域圏リサイクルセンター・リサイクルプラザに持ち込めば、有料ではありますが処分をしてもらうことが可能です。土曜日の午前中でもやっています。

 

その場は何となく理解したつもりでいたのですが、口頭で聞いていたので帰ってからもう一度整理し、ゴミの日を確認しました。可燃ごみは毎週ですが、不燃ごみは月二回、ちなみに近所のゴミ捨て場に分解したとしてもそれだけのゴミを蓄積しておくスペースはありません。不燃ごみの日はタイミング悪く10日後です。

 

結局色々とめんどくさくなり、広域圏リサイクルセンター・リサイクルプラザに持っていくことにしました。

 

土曜日の朝早くから作業開始で、大型のものはなるべく分解し、金具を外して、ガラスも外します。大き目の自家用車が一台あるので、大きなものから積み込みます。何よりベッドのマットレスがかさ張ります。車はすぐにいっぱいになり、もう一台の軽自動車にも積み込みました。2台満載で広域圏リサイクルセンター・リサイクルプラザへ持参しました。

 

 

先に受付に向かった兄が、しばらくしてから戻ってきます。

 

『ここでは、今日は引き取れないだって。別のところならできるかもしれないからそっちに行ってください。』

とのことでした。汗)

 

別のセンターに、電話してみることに。

『ベッドマットレスなどの不燃物は、平日のみの受け付けになります。』

とのことでした。汗、汗)

 

ということで、いったん車に満載のまま帰宅します。

 

下ろすのも面倒なので、結局次の月曜日の朝一に処分しにいくことにしました。車から降ろすこともできず、見事に無計画な私たちの片づけは、身も心もクタクタです。

 

翌月曜日の朝一に、仕事の時間を調整して広域圏リサイクルセンター・リサイクルプラザに持って行きました。

 

センターでは、すごく丁寧に教えてくださり、本来自分で車から下ろした作業ですが、スタッフの方が親切にも手伝ってくれました。何とか処分品を出し終えることができましたが、ゴミ出しって本当に大変です。

 

そして実は、亡くなった祖母の遺品も含めた着物入りの桐ダンスがまだ部屋の片隅に残っているんですけど。

どうするのがいいんでしょう・・・。

 

私の場合は、たまたま兄弟と一緒に作業できて、大きめの車もあったし、時間も調整できたので良かったです。

しかし、大型の家具や家電、タンスなどを運搬するのも一苦労で、分解、分別したり、車へ積み込みしたり、リサイクルセンターを調べたり、普通に大変な作業です。何よりもめんどくさいし、よくわかりません。

 

 

『いったいどうするのが良かったの?』

『自分でできない高齢者の方とかもいると思うんだけど、そういう時はどうしたらいいの?』

 

というのが、終わった後だったのですが相談でした。

 

 

荒木商会からのご提案

 

①恐らく今回のようにご自身で対応できる場合は、近くのリサイクルセンターに持ち込んだほうが費用は安く済みますので正解です!ただ少し大変でしたよね。お疲れさまでした。汗)

 

②ご自身でも対応できる場合でも、平日に時間が作れないなどスケジュール的な問題も、荒木商会では土曜日の受入れを行っています(第1、第3土曜日は通常稼働です。他の週は事前相談下さい)。処分費はいただきますが、不用品の引き取りに伺うよりは安価で処理できます。

 

③ご自身で対応できない場合は、お電話いただければ荒木商会で引き取りに行きます。その場合は、分別も分解も必要ありません。物量、車の大きさ、必要な人員の人数と時間に応じて費用が変わります。

 

例えば、軽トラック1台程度のワンオペレーション作業であれば、1人1時間程度で20,000円位です。

 

②の場合は、当社に電話頂き、廃棄されたいものを言って頂ければ、目安単価はお出しすることができます。ほとんどの商材は重さでの精算になりますので、重さはおおよそを想定して頂く必要はあります。

 

③の場合は、引取に行く以前に、金額が気になると思いますので、当社営業担当がお伺いさせていただき、見積りを先に提出させて頂きます。ご納得頂ければ、引取りの段取りを致します。

 

 

様々なケースが想像できますが、困り事はよく分からない事や、めんどくさいことだと思います。

まずは電話などでご相談いただけると、どういったやり方がいいのかをアドバイスすることも可能です。

もちろん相談は無料ですよ。

 

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会