-新型コロナウィルス対策-

最近いろいろな会社が新型コロナウイルスに効果がある等の説明をしている商品が多く、誤解を招かないように説明をさせていただきます。

消毒液や除菌水については様々なウイルスに対して実験をしてきたデーターはありますが、新型コロナウイルスに対しては実証実験していないので確実に効果があるといえるものは世界にまだ一つもない状況です。ただ全く消毒液や除菌水を使用しないよりはもちろんした方が安心だと思い皆様にプレゼントさせて頂きます。

 

成分は次亜塩素酸水です。次亜塩素酸水にもいろいろな種類がありますが、その中でもクリーンファイターは明確な実証実験根拠があります。また、特許を取得しており、他の次亜塩酸水に比べ持続性効果が認められているものとなります。

 

使用期限は通常未開封の状態で18ヶ月とされています。

時間と共に効果は弱まっていくものですので開封後ボトル容器などに詰め替えたものは10ヶ月以内にご使用下さい。

 

この商品は高温や直射日光に弱いため、効果が薄れないように30℃以下で直射日光の当たらない場所での保管、容器は白いものを使用することをお勧めします、また金属の容器に入れるのは効果が弱まる可能性が高くご遠慮ください。

 

一時的な室内除菌として加湿器に入れて除菌される場合は水で4倍から5倍に薄め、加湿器は超音波加湿器をご使用ください。

※水に薄めたものは効果が長持ちしないので、その日のうちにご使用ください

※長期間の使用はお勧めできかねます、長期間無菌の部屋が体にいいかというと良し悪しある可能性があるからです

 

使用方法はキッチンやトイレ、ドアノブや椅子やテーブル、車、携帯やタブレッドパソコンなど様々な箇所の除菌にご活用ください。

 

 

【クリーンファイター】-微酸性除菌水-

☆ノロウィルス対策に使用できる除菌剤

☆10秒で瞬時除菌する驚きのパワー

☆水のような使用感(手荒れ・残留の心配なし)

 

商品名:クリーンファイター

用 途:除菌・消臭

主成分:次亜塩素酸(有効塩素濃度100ppm)

液 性:微酸性

保存期間:18ヶ月(未開封)

製造者:株式会社石橋 富山県富山市草島古川6番地

クリーンファイターとは、食塩水を電気分解することにより有効塩素濃度約7,000ppmの電解次亜水を生成し、水道水(飲適用水)で希釈し、当社独自製法により微酸性に調整した除菌水です。

 

 

【使用方法例】

-キッチン-

①食器、調理器具にスプレー除菌。

②スポンジ、台ふきんの浸け置き除菌。

③食卓、電子レンジ、冷蔵庫などの拭きそうじ。(清潔な雑巾等に染み込ませて使用)

-トイレ-

①便座にスプレー除菌。

②レバーハンドル、ドアノブ等の除菌。

③トイレ空間の除菌・消臭。

その他、金やカビの繁殖が気になるところにご使用ください。

-様々な使用シーン-

◎ご家庭で、キッチンまわり・トイレまわり・ペット用品の除菌、消臭など

◎業務内で、医療・福祉現場、食品加工工場、宿泊施設、教育現場、厨房・レストラン、公共トイレなど

 

 

【使用上の注意】

◎用途以外に使用しないでください。

◎開封後はお早めにご使用ください。

◎汚れのある場所には、あらかじめ汚れを落としてからご使用ください。

◎布製品や革製品等色落ちの恐れのあるものに使用する際にはあらかじめ目立たない部分でお試しください。

◎万が一異常を感じた場合は、ご使用を中止し、医師にご相談ください。

 

 

荒木商会は、【クリーンファイター】の販売代理店です。

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

 

建物を取り壊したり、リフォームで内装やエクステリアをリニューアルしたりするときには、解体工事が必要になってきます。このような解体工事について、漠然としたイメージしか持っていない人もいるかもしれません。ここでは、住宅、コンテナ、内装、外構の4種類を取り上げて、工事の特徴や施工の流れを紹介していきます。

 

 

住宅の解体作業の特徴と施工手順

 

日本の住宅の場合、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造りなどのいろいろな種類の建物があります。解体工事は、このような住宅のタイプに合わせて最適な方法で行われます。たとえば、木造住宅の解体方法で多いのが、重機と手作業を組み合わせた重機併用手壊し解体です。この方法だと、木材や屋根瓦、コンクリート、ガラスなどの廃材を分別しながら解体を進めることができます。解体工事では、建築リサイクル法のルールを守って分別処理をすることが義務付けられています。重機のみでいきなり建物を崩してしまうと、取り壊してからあらためて分別作業をすることは困難です。

 

鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物の場合は、圧砕機工法やカッター工法などが選択されています。圧砕機工法は、圧砕機による圧力を利用した解体のアプローチです。この方法を取ると、鉄骨や鉄筋コンクリートなどを砕くことができます。コンクリートを切断しながら解体を進めていくカッター工法は、大きなビルなどを取り壊すときによく用いられる方法です。どのような方法で取り壊すかや施工の手順は、解体費用にも大きく影響します。実際、住宅の解体では、建物の構造によって解体費用の坪単価に一定の相場があります。住宅を解体するときには、重機を入れるスペースを確保してから作業を進める場合が多いです。

 

道が狭かったり重機が設置できる場所がなかったりすると、取り壊し作業や廃材の運び出しなどがスムーズにできませんよね。状況次第では、屋外の塀や庭石などを撤去してから施工を始めなければならないケースもあります。このような作業の後に行われるのが、足場や養生シートの準備です。ひと通り準備が終わったら、蛍光管や安定器の分別、ドアなどの建具の撤去が行われます。電気やガスなどは、このような作業をする前に止めておくことが必要です。石膏ボードや断熱材、屋根などを取り外した後は、いよいよ建物の解体に移ります。

 

廃材などを撤去する作業が終わった後は、基礎コンクリートの解体です。外構の解体や後片付け、整地が済めば、作業はだいたい終了です。

 

 

コンテナの解体作業の特徴と施工手順

 

物置や倉庫として使っていたコンテナの場合は、建物ごとトラックで運び出して別な場所で解体する方法と、現地で解体してしまう方法があります。どちらの方法が適しているかは、コンテナの構造や大きさ、設置されている場所などによって異なります。コンテナをそのまま運び出すには、クレーン付きの大型のトラックが必要です。このような車両を入れるのに十分なスペースがあるかや、作業が安全にできるかなどは、解体方法を選ぶときのチェックポイントになってきます。工事にかかる費用もケースによって変わるため、最適な方法を選ぶうえでは、コストについてもしっかりと考えておくことが大切です。

 

コンテナを運び出すときには、なかにあるものをひと通り撤去してクレーンでトラックの荷台に乗せます。現地で取り壊すときには、屋根や内装、壁などを取り除き、最後に床材を撤去するのが一般的な流れです。鉄骨入りの土台を使用している場合は、ガス溶接切断機を使った作業なども必要になる場合があります。ひと通り作業が終わった後は、撤去した場所の掃除などを行います。

 

 

内装、外構の解体作業の特徴と施工手順

 

内装の解体工事は、リフォームや建物の原状回復などでしばしば行われる工事です。内装の工事の場合、どのくらいの範囲まで解体をするかはケースによって変わってきます。たとえば、リフォームなどをするときは、壁や天井などの構造を変えずに空調設備やキッチン、水道設備などを取り外すだけで済ませる場合もあります。居抜きと呼ばれるスタイルを取るときは、空調設備やキッチン、水道設備をそのまま残すケースも多いです。原状回復工事の場合は、壁や天井まですべて撤去をするスケルトンの工事が必要になるケースが少なくありません。このようなスケルトンの工事では、内壁や天井がない状態にして、配線などもすべて撤去します。

 

内装解体の手順は、住宅の解体よりもシンプルです。足場や養生シートの準備をすれば、すぐに作業が開始できます。最初に行うのは、内装材の取り外しです。壁紙などを剥がして、素材が見える状態にするのがこのステップです。内装解体の場合も、蛍光管と安定器の分別は行っておく必要があります。内装材の取り外しが終わった後は、床材や内壁、天井なども必要に応じて撤去をし、廃材の分類などを同時進行で行っていきます。作業が終わり、足場や養生シートの撤去が済めば、後は片付けのみです。ブロック塀や庭石、庭木などの外構の解体工事は、重機を使った作業になるのが一般的です。

 

外構のみの解体工事をする場合も、車両が入るスペースを確保したり隣近所に挨拶をしたりすることは、押さえておきたい施工するにあたっての基礎知識と言えます。実際に施工をするときは、撤去したいブロック塀などを重機と手作業で解体していきます。庭木の場合は、重機での掘り起こし作業も必要です。最後には、撤去した場所の整地を行います。

 

 

解体作業の手順や費用は工事の種類によって変わる

 

解体工事と一口で言っても、手順や費用などは工事の種類によってさまざまです。これから解体工事が必要なときは、どのようなアプローチが最適かを考えて施工を進めていくことが大切です。建物の構造や立地環境などを考慮しながら、プランを立てていきましょう。

 

 

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

 

 

 

-住宅型老人ホームの不用品回収-

荒木商会では、富山県高岡市を中心に富山県内はもちろん、石川県、福井県など北陸3県にもご対応致します。

 

今回は、富山市の住宅型老人ホームでの片付け、不用品回収をご依頼をいただきましたので、4t平トラックと、2tパワーゲート車にて行ってきました。

 

 

リビング、ダイニング、キッチンにはすでに荷物をある程度おまとめいただき、ありがとうございます。スッカリきれいになりました。

 

不用品は様々です。タンス、食器棚、鏡、ハンガー、マッサージチェア、カーペット、プリンター、衣類ケース、テレビボード、ヒーター、ポット、テーブル、布団、トースター、椅子、ゴミ箱、ヤカン、洗剤などのプラスチック容器、突っ張り棒、衣類ハンガー、ダンボール、新聞紙、雑誌、ゴミ袋がたくさんあります。

 

可燃ごみ、不燃ゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミ、ビン、缶類、ペットボトルいつもは分別して捨てているとは思いますが、そもそも分別の必要はありません。私たちの方、不用品と廃棄物、有価物へと分別します。

 

最近増えている遺品整理、生前整理のご相談

 

実は今、世界情勢の影響によりスクラップ相場がだだ下がりです。物が売れず、値段がつかない状況になっています。これは私たちの業界において死活問題です。仕方なく価格改定を余儀なくされます。先にご案内したこちらをご参照ください。

金属雑品類処分費 『価格改定のお知らせ』

 

新型コロナウィルスの影響により、世の中は大変な時代に突入しています。それでもお陰様で、GW前も現在も忙しくご予約がパンパンです。仕事がある事が大事ですね。

一つは業者さんからのご依頼が増加しています。片付けと不用品回収業務です。

そしてもう一つは、生前整理の依頼が増加しています。

 

理由の一つは価格です。

『なんでうちが安いのか?』

『なんで他が高いのか?』

『適正価格って何を基準にしているの?』

恐らく荒木商会のやり方は、他にはないやり方だからだと思います。

 

 

もちろん、価格だけではありません。選んでいただける理由は様々だと思います。

 

【経営者としてやるべきこと】※詳しくはコチラ

・まず自分自身の健康と家族の健康
・それと同じくらいに社員の安心安全安定の確保
・次はお客様への安心安全のお手伝い
・そして地域の皆様への安心安全のお手伝い

こんな時代だからこそ私達がやらなければいけないことがあります。

 

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

 

「家がゴミ屋敷になってしまったけどどうしよう?」「ゴミの回収はどこに頼めばいい?」ゴミ屋敷の片付けや回収は、プロに任せるのが一番です。しかし、回収業者の選び方が分からない、という方も多いかもしれません。そこでこの記事では、ゴミ屋敷の片付けの参考になるよう、回収業者を選ぶポイントや選ぶ際の注意点などをご紹介します。

 

ゴミ屋敷の片付けは信頼できる回収業者に依頼しよう!

 

ゴミ屋敷の片付けを依頼する回収業者を選ぶ際に、気をつけたいポイントは幾つかあります。その中で一番重要なのが、回収業者の信頼性です。というのは、驚くことにいい加減な回収業者はゴミを不法投棄したり、追加料金を請求してきたりすることがあるからです。回収業者の信頼性は、ゴミ回収に関わる許可を持っているかどうかでまず判断できます。「一般廃棄物収集運搬」「産業廃棄物収集運搬」の許可を持っているかを確認しましょう。※基本的には家庭ごみの回収は、一般廃棄物収集運搬の許可が必要です。しかし、不燃物は産業廃棄物処理になる場合があります。

 

回収業者に見積もりを依頼するときには、「一般廃棄物収集運搬の許可」「産業廃棄物収集運搬の許可」などを持っているかどうか確認しましょう。答えを濁すようなら、その回収業者はあまり信頼ないかもしれません。ゴミの不法投棄は、業者だけではなく依頼主も処罰の対象になります。環境問題を考えても、正式な許可を持つ回収業者に依頼するのが大切です。回収業者の信頼性は、ある程度見積もり書からも判断が可能です。かかる費用が作業ごとに細かく書かれていれば、信頼性はアップします。その反対に、大ざっぱな見積もりしか出さないところには注意が必要です。作業後に追加料金を請求されるかもしれません。見積書は「運搬費、処分費、人件費が最低でも記載してある」など、明細が分かりやすくなっているかを確認することが大切です。

 

また、質問に対するスタッフの対応からも信頼性は判断できます。真摯か、いい加減か。よく見ておきましょう。いくらHPには理想的なことが書かれていても、実際に対応するのはスタッフや作業員です。スタッフの質の良し悪しは、作業の完成度に影響を与えます。できるだけきっちりとした対応を行う回収業者を選びましょう。スタッフの身だしなみも大事な選び方の1つです。スタッフがだらしない格好をしているようでは、作業レベルもたかが知れているでしょう。だらしない格好をしたスタッフや作業員を雇っている回収業者、要注意です。

 

付け加えると、CMをやっているか、HPがあるかどうかなども、選択時に参考になります。併せて、社長はどんな人かを調べる(フェイスブック等をやっている人が多いので、日頃の人物像が見える)ことも安心感に繋がりますよね。※さて、荒木商会は大丈夫な会社でしょうか?(笑)是非調べて、判断してみて下さい。

 

ゴミ屋敷の回収業者は料金だけで選んではいけない!

 

回収業者を選ぶ際に、気になるのが料金設定です。ゴミ屋敷の不用品回収には、いろいろな作業が含まれます。ゴミの回収や処理場までの運搬、部屋の掃除や臭いの処理などに加え、ゴキブリはじめ害虫退治が必要な場面もあるでしょう。それぞれ料金がかかるうえに、人件費も発生します。ゴミ屋敷の回収料金、清掃料金は、完全にケースバイケースです。家や部屋の大きさとゴミの量、後始末をどこまで行うかでも違ってきます。数万円から、場合によっては十数万円以上かかることもあります。そのため、少しでも安い回収業者を選びたくなるかもしれません。しかし、料金の安さだけで回収業者を選ぶのはたいへん危険です。

 

料金の安すぎる業者は、いい加減な回収で終わらせたり、人件費の安いアルバイトしか雇わなかったりすることがあります。つまり作業レベルを下げることで、料金を抑えている可能性があるのです。他の回収業者と比較して、料金の安すぎる業者は避けるのが賢明です。また、料金とともに注意したいのが作業員の数。ゴミ屋敷の片付け、回収は、とても体力を使う仕事です。臭いが酷い場合には、近隣住民への対処のために窓を閉め切って作業を行うこともあります。そのため少ない作業員では、負担が大きすぎてしまい、作業が雑になる可能性が生じます。ゴミ屋敷をきれいにするには、ある程度の人数は必要になってくるものです。

 

そういうわけで人員数もチェックしておいた方がいいでしょう。中には低料金になるからと、少ない人数を売りに出しているところもあります。ゴミの量が少ないのならばそれでも構いませんが、ゴミの量が多い場合はやはり避けた方が賢明です。とはいえ、作業員の数が多すぎる業者に頼むと人件費が余計にかかります。全体の料金とのバランスを考え、選ぶのが大事です。

一応誤解なきように、人数が少ない中でも質の高いパフォーマンスを行う業者も存在するということだけは伝えておきます。

 

ネットの口コミを鵜呑みにしないのも大事!

 

ゴミ屋敷の清掃を依頼する清掃業者の評判は、ネットの口コミでも調べることができます。単純に考えれば、良い口コミの多い清掃業者を選びたくなるものですよね。ところがゴミ屋敷の清掃に関しては、口コミを鵜呑みにするのはやめるのが賢明です。というのは、ゴミ屋敷の清掃を依頼したとネットで発言する人は少ないからです。ゴミ屋敷の清掃を、恥ずかしいと感じる人はまだまだ多いもの。わざわざ自分から発言することは、あまりありません。ところが、清掃業者に悪い印象を持った人は違ってきます。清掃業者に対する不満をネットにぶつけるかもしれません。そのため良い口コミよりも、悪い口コミの方が多い場合があるのです。

また、ネットの業者に依頼して、良い口コミだけを投稿させる清掃業者がいる可能性があります。その逆に、ライバル業者の悪い口コミを依頼することも考えられます。口コミは確かに有力な判断材料ですが、それだけに頼らないようにするのが大事です。

 

ゴミ屋敷の清掃業者は総合的に判断して選ぼう!

 

ゴミ屋敷の清掃では、溜まったゴミをその日のうちに処分して、家や部屋を完全にきれいにするのが基本です。というのは、ゴミが残るとまたゴミを呼び、以前と同じ状況になることが多いからです。1人では難しいので、専門の清掃業者に任せるのがよいでしょう。清掃業者は信頼性や料金、作業人数などを総合的に判断して選ぶのが大事です。複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討して選びましょう。

 

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

 

 

 

 

 

 

 

オフィスや工場、ご家庭の不用品の回収、買い取りなどを行うのが富山県高岡市にある荒木商会です。

荒木商会では、特に不用品の片付けサービスに力を入れています。

一人で運ぶのに大変なタンス、ベッドなどの大型家具、家電の回収、処分もお任せください。

不用品の中に、骨董品などの買い取れる商品があれば、査定し、中古品として買い取り致します。

買い取り価格を差し引いた処分費をお支払いいただきます。

不用品の全てをまるごとサポートします。

 

利用者さんインタビュー

◎利用者さん(女性)

『骨董品もたくさんあり、相当な処分代がかかるんだろうなと思っていたら、骨董品が高く買い取っていただいて、非常に助かりました・・・・』

 

◎利用者(男性)

『自宅にあった冷蔵庫を一つだけだったんですけど、どこに頼めばいいかなと思って荒木商会さんにお願いしたんですけど、その時に(一つだけだったので)嫌がられるかなと思いましたが・・・、是非という事で迅速に対応していただいて、すごく助かりました。

 

※リサイクル法に則って処分しています

 

骨董品・貴金属の買取、家の片付け、解体工事、遺品整理まで

荒木商会では、骨董品や貴金属の買取り、家の片付け、そしてすべての建物の解体、全てご対応致します。

お見積りは無料ですので、いつでもご相談ください。

『当社スタッフがご相談から現場での作業、お支払いまで1カ所でさまざまなサービスが受けられるワンストップサービスで、丁寧に対応いたします。」

この他、荒木商会では、遺品一つひとつをご遺族に代わって整理し、片付けを代行する遺品整理サービスや、住宅の解体業務も請け負っています。

 

片付けに困っているなら、お気軽にご相談お問い合わせください。

全てをサポートさせていただきます。

 

有限会社荒木商会

住所:富山県高岡市長慶寺755

TEL:0766-28-9333

営業時間:8:30~17:00

定休日:第2・4土曜、日曜・祝日

大きな不用品・粗大ごみを回収してもらう際、何より気を付けたいのが「家の外への運び出し」です。面倒だからと適当に運び出しを行っていては、ケガをしたり、建物を傷つける結果に繋がりかねません。そこでこの記事では、運び出しが大変な不用品・粗大ごみを安全に運び出し、回収してもらうために、押さえておきたいポイントを解説します。

 

解体可能であれば、大きな家具は解体してから搬出する

数ある粗大ごみや不用品の中でも、運び出しが大変なものとして真っ先に挙げられるのが、ベッドやタンス、テーブルなどの大きな家具です。特に行政に粗大ごみ・不用品回収を依頼する場合、玄関まで回収物を運んでおく必要があることがほとんどです。しかし大きな家具はその重量や大きさから取り回しが大変で、運び出す際、建物を傷つけてしまったり、ケガをしてしまうことも珍しくありません。

 

大きな家具の運び出しに困った際、まず思い出してほしいのが「その家具が建物に運び込まれた時、どのようにして入ってきたか」ということです。建物の中にある以上、その家具はどうにかして運び込まれたということ。つまり安全に運び出すためには、単純にその逆を行えば良いのです。

 

大きな家具が運び込まれる際に多いのが、パーツごとに運び込まれているケースです。大きな家具には組み立て式のものも多く、建物に搬入した時点ではバラバラなことも珍しくありません。つまりそうした家具を安全に運び出すためには、無理矢理やるのではなく、まず解体してから運び出すのが正解です。

 

組み立て式の家具の場合、購入する際にまず間違いなく組立説明書が付いてきます。組立説明書を保管しておいた場合は、それを参照しながら解体作業を行うと捗ります。万が一組立説明書を紛失してしまっている場合、その家具が大手家具量販店から購入したような製品であるなら、ホームページから説明書をダウンロードできる場合もあるので、まずはそれを探してみると良いでしょう。

 

説明書がどうしても見つからなかった場合は、手順に注意してから解体作業に取り掛かる必要があります。大きな家具を解体する際、何より気を付けたいのが、取り外した部品を支えきれなくなること。万が一部品を落としてしまっては、建物が傷ついたり、ケガに繋がるおそれがあります。作業の安全性を高めるためにも、取り外すと一気にバランスが崩れるような部品は、後回しで解体するのがおすすめです。

 

不用品回収の場合、要は家から運び出せさえすれば問題はないため、完全にバラバラにする必要はありません。ただギリギリの大きさだと運び出す際、建物を傷つけるおそれがあるため、あらかじめ搬出ルートを想定し、十分な小ささになるまでは解体するようにしましょう。また解体作業を行う場所は、できることなら広く取っておくのが理想です。

 

次に、解体できない大きな家具の運び出しですが、これは搬出に大人数が動員できるような状況でもない限り、回収業者に任せた方が無難です。そもそもそうした家具は、搬入の際にも業者の力を借りている場合がほとんど。無理に素人の手で片付けようとすると、建物を傷つけたり、ケガをしてしまうなどのトラブルに繋がります。

 

大型家電を処分する場合は、家電リサイクル法に注意

テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機といった大型家電は、運び出しが大変なこともありますが、何より「家電リサイクル法」の対象商品であることに注意が必要です。家電リサイクル法は資源を有効活用するため作られた法律で、その対象家電は「粗大ごみ」として引き取ってもらうことができないのです。

 

家電リサイクル法対象家電の回収は、一般的に「家電量販店」に依頼し行います。その場合、家電リサイクル法で規定された「リサイクル料金」と、自宅まで回収に来てもらう場合は「収集・運搬料金」の支払いが必要となります。収集・運搬料金については、その家電を依頼した家電量販店で購入していた場合、あるいは家電の買い替えをしたような場合は、非常に安価となる傾向があります。また家電量販店に回収を依頼した場合は、ほとんどのケースで運び出しも行ってくれるため、安全に不要品処分を行えます。

 

収集・運搬料金を節約したい場合は、役所が指定する「指定取引場所」に不用品を持ち込む必要があります。ただし、その場合は自力での運び出し・運搬が必要となるため、作業は十分気を付けて行うようにしましょう。特に大型冷蔵庫や洗濯機は家具のように分解する事ができず、さらに非常に重量があるため、不用意に行うと周囲の損傷、作業者のケガに繋がります。また、指定取引所に持ち込んだ場合も、リサイクル料金については発生するので注意が必要です。

 

処分するものが多い場合は、回収業者に依頼するのもおすすめ

処分したいものが多い場合は、不用品回収業者に依頼して、一気に回収してもらうのもひとつの手段です。そうした業者は回収する不用品について搬出をサポートしてくれるため、家具など、大きな不用品の運び出しで危険を冒す必要がありません。また家電リサイクル法対象家電の処分などについても代行してくれるため、煩わしい手続きを一括で済ませることもできます。料金についてはやや高めですが、手続きの簡単さ、作業の安全性を重視するなら最適な方法といえるでしょう。

 

大きな不要品・粗大ごみの処分は安全第一で行おう

いくら不用品・粗大ごみの回収にかかる費用を抑えたいからといって、建物を傷つけたりケガをしてしまっては本末転倒です。自力での作業が大変だと感じたら、不要品回収業者など他者の力を借り、安全第一で作業を行うことが大切です。

 

 

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

 

荒木商会では、2020年4月1日より、金属雑品類処分費の価格改定を行わせていただきます。

詳しくはコチラをご覧ください。金属雑品類処分費 『価格改定のお知らせ』

 

『処分費一覧』~どんなモノがどれくらいの費用で処分できるのか?

【無料回収】できるモノ

PC本体、ノートパソコン、UPS、ケーブル(※ダルマ線は除く)、HDD単体、アダプター、基板(※10㎏以上は買取り)、PCバッテリー、ガラケー、スマートフォン、タブレット、Li-ion(リチウムイオン電池)、Ni-MH(ニッケル水素充電池)、Ni-cd(ニッケルカドミウム蓄電池)、家庭用プリンター、など

 

【有料回収】できるモノ

OA雑品(処分費@40/㎏)

加湿器、タイプライター、液晶モニター、冷風機、マウス、CRTモニター、清浄器、キーボード、ドライヤー、電話機、マイク、扇風機、FAX機、ウォークマン、食器乾燥機、複合機、ワープロ、ポット、炊飯器、カーステレオ、計算機、掃除機、ミシン、自転車、リモコン、編み機、除湿器(※3)、アイロン、ゲーム機、ウォーターサーバー(※3)、ビデオデッキ、デジタルカメラ、電子ピアノ(※1)、DVDプレイヤー、エコライザー、スピーカー(※1)、ジューサー、アンプ(※1)、ウーハー(※1)、電子レンジ、ラジカセ、など

 

金属雑品B(処分費@20/㎏)

ファンヒーター(※2)、変圧器、ストーブ(※2)、クロムのスプーン類、ガスコンロ、電事連時、カセットコンロ、430ステンレス(シンク等)、照明器具、エコキュート、ボイラー、オイルヒーター(※2)、冷風機(スポットクーラー)、電子ストーブ、など

 

混合廃棄物(処分費@80/㎏)

木質系家電、マッサージチェア、コンデンサ、ホットカーペット、インクトナー、コタツ、など

 

厨房雑品他※フロンが入っているモノ全般※3(処分費@50/㎏~)

業務用冷蔵庫、業務用冷凍庫、製氷機、保冷庫、など

 

その他※単価は別途相談

水銀灯安定器(大)※PCB検査必要、トランス※PCB検査必要、無記名ボンベ(取扱い不可)

 

(※1)木質系は混合廃棄物になります。

(※2)液体が入ったものはNG。

(※3)フロン回収費は別途かかります。

 

荒木商会では、法人のお客様も、個人のお客様まからもお持ち込みいただく事があります。少量でもお引き取りできますのでご遠慮なくお問合せ下さい。

 

一つ一つの商材に対してのご質問をいただくケースもありますので、このように細かく記載させていただきました。明朗会計を明確に。少しでも皆様の不安を取り除き、安心してご依頼いただける様に努めて参ります。

 

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

荒木商会のCMが放送されています♬

もう既にご覧になられた方もいらっしゃるようですが、荒木商会の『不用品片付けサービス』がテレビCMにて放送されています。

 

チャンネルは、『8ちゃんBBT 富山テレビ放送』にて、毎週月曜日のノンストップ内にて、9:50~11:20の間です。

『このゴミ、どうしよう~』

『不用品の片付けならお任せください!お見積りは無料です!!』※社長の荒木が声優デビュー(^^♪??

『詳しくは荒木商会で検索!』

あっという間なので、お見逃しなく!!

施工事例『高岡市の一戸建てM邸』スッカラカンに片付けました。

こちらのお宅は、6人かけて丸一日と半日作業で完了しました。車は2台稼働して、パッカー車と、平ボディトラックに荷物が満載で完了しました。この度は、ありがとうございます。

荒木商会では、現在お引越しなどに関連した、片付けのご依頼や、不用品の回収依頼が絶えません。

新型コロナウィルスの影響により、現在世界中が大変な状況になっております。それでも引越しや片付けなどは需要があり、年度替わりのこのシーズンには集中します。

※関連記事『お家の片付け、引越しシーズン到来!』~知っていました?富山県の13.2%が空き家!?』~

 

 

写真を見ていただければわかる通り、荒木商会の片付けは『丸っとそのまま』片付けます。

お客様が要るものと要らないモノを分別したり、買取りできそうなものだけリサイクルショップに持って行ったり、なんて面倒臭いことはしなくてもOKです。スタッフが必要なモノと不要なモノを分別します。あらかじめ指示いただければその通りに分けてしまいます。

 

【大きなモノ】ソファー、テーブル、ベッド、食卓、椅子、食器棚、ガスコンロ、仏壇、布団、衣装ケース、自転車、などなど

【小さなモノ】時計、グラス、食器、クッション、カゴ、雑誌、ボトル、カーテン、座布団、ポット、電子ジャー、まな板、ガスコンロ、鍋、フライパン、米櫃、ビン、電池、額縁、CD、扇風機、人形、すだれ、脚立、御座、梯子、などなど

 

そのうえで、有価物(買取りできそうなもの)は専門の鑑定士が査定をし、買取りさせていただいたり、片付け費用と相殺させていただきます。いわゆる『ワンストップサービス』で、安心、楽々のサービスです。

 

 

片付け業者を選ぶときにトラブルになりそうな点とは?

片付けや、不用品回収と言っても最近では色々な業者がありますので、お客様からすると、どこに頼めばいいのだろう?というお困り事があると思います。安ければ安いに越したことは無いですが、自分が処分を依頼したモノがその先どうなるか?って、結構気になるものですよね。

 

例えば、トラブルになる原因はいくつかあります。

①事前に約束した見積り金額よりも、当日に高額な請求をされる。

②見積り金額の根拠が不透明でわかりづらい。

③自宅の中の物を家主さんの許可なく勝手に持って行ってしまう。

④不用品の買取りもしてくれるという事だったが、査定価格が明らかに安い。

⑤清掃業者に依頼したが、消臭や消毒が不十分で、手抜き感がある。

⑥回収した廃棄物を不法に投棄している。

 

いかがでしょうか?気になる点だと思います。

不用品を適切に処分するには、それなりの費用がかかります。また、産業廃棄物や一般廃棄物の処分には許可が必要です。

お客様からすると、自分たちがこれまで使ってきたモノを処分する訳ですから、安心、安全、適切に処分してくれる地元の業者に依頼したいものだと思います。荒木商会は、産業廃棄物をはじめ様々な回収物を適切に分別し、地球にやさしい環境、循環型社会を創造する総合リサイクル会社です。

 

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

お問合せはこちらまで

0766-28-9333

有限会社 荒木商会

◎3月は引越しシーズン!どこもかしこも忙しくなる今、ご予約はお早めに♬

 

3月と4月は、出会いと別れのシーズンです・・・。

 

高校を卒業して、県外の大学に進学するお子さんをお持ちの親御さん。

大学を卒業して、県内にUターンで帰って来る、もしくは県外に帰る学生さん。

転勤、転職など、新しい人生をスタートされる社会人の方。

 

春は、寂しい別れと、新しい出会いがある何とも言えない特別な季節ですね。

 

その為、世の中では引越しシーズンがピークを迎えます。

不動屋さんは大忙し、引越し業者も予約でいっぱいです。

 

荒木商会では・・・、

引越しで出てくる不用品の回収や有価物の買取りで大忙しの季節がやってきます!

 

当然、どこの業者さんもフル回転が予想されます。

日程が決まっている場合はなるべくお早めにご予約されることをおススメします。

若しくはいくつかの候補日、日程に余裕をもって行動されるとギリギリであわてることが無くなります。

 

そうは言っても、これから合格発表を迎え、進路がギリギリに決定する場合もあると思います。

今のうちのにいくつかの選択肢を考えて、押さえておくといいかもしれませんね。

 

荒木商会では、突然のご相談にも真摯に対応する所存です。お困り事はまずご相談ください。

 

◎富山県の空き家率は『13.2%!?』

※富山県HPより引用させていただきました。

平成30 年10 月1 日現在における富山県の総住宅数は454,100 戸あります。

平成25 年と比べると、15,100 戸増加(3.4%増加)しています。

総住宅数が増加する一方で、空き家数も増加しているようです。

総住宅数454,100戸に対して、人が住んでいる住宅数は392,000戸あり、空き家は61,700戸です。

空き家率は『13.2%』にもなっているという調査結果でした。

空き家のみならず、賃貸住宅の空室率も『20%』近い数字になっているというデータも有ります。

あまり考えたことのない数値でしたが、ふと気になったので調べてみました。

人口はピークから減少傾向に入っているので、これから更に住宅が増加することは余り考えづらいですが、

新しい家が建てられる一方で、誰も住んでいない空き家も増加しているという事ですね。

やはり空き家問題は一つの社会問題ですね。

 

『実家が空き家になったらどうしますか?』

 

荒木商会でも、遺品整理や生前整理など、古民家の片づけも取り扱っています。

 

空き家も相続されると、実際に相続すると住むか、処分する必要があります。

相続すれば相続税を支払わなければいけません。

中古マンションなどの場合は住んでいなくても管理費などの支出が出てきます。

空き家を処分するとなると、解体や、不用品の処分などの費用も発生します。

 

富山県では、県外からの移住に力を入れているので、古民家を直して住んでもらおうという動きも多くあります。

 

県が運営する、空き家の情報をまとめたWebサイトも有ります。

「くらしたい国、富山」推進本部

事務局:富山県総合政策局 移住・UIJターン促進課

https://toyama-teiju.jp/housebank

 

いずれにしても、法律的な問題や、遺産相続などの問題は、専門家に相談することをおススメします。

 

不用品の回収や、片付け、買取りもワンストップの方が、お客様にとっても便利です。

同じく、遺品整理や、片付け、解体、引越し、買取りも窓口ひとつで済めば手間を取らせず解決します。

 

荒木商会は相続の専門家ではありませんが、色々な専門家のご紹介も行います。

ご相談やお問合せだけでもお気軽にどうぞ。

 

お問合せはこちらまで

 

0766-28-9333

 

有限会社 荒木商会